いつまでも同じスキンケア方法はダメ!?年齢を重ねてもキレイでいる秘訣は美白ケアにあった!

年齢を重ねるにつれ、化粧水と乳液での保湿ケアだけだと肌老化が進んでしまいます。30代に突入したら取り入れてほしいのが美白ケア!美白ケアでシミやくすみを防いで、年齢を感じさせない若々しい美肌を目指しましょう。

年齢を重ねると肌の状態はどう変わる?

20代の肌は、多少スキンケアに手を抜いても大きく肌の状態が変わることってなかったですよね?

夜通し遊んでも、メイクをしたまま寝ちゃっても、肌代謝が活発だからちょっと丁寧にスキンケアをすればすぐに回復していたことでしょう。

でも30代に突入すると、肌の状態は変わってきます。

例えば20代の内に紫外線対策をしっかりしていないと、そのツケが30代から表れてくるようになります。

肌全体がなんだかくすんで見えたり、小さなシミがいくつか出来たり、目元の小じわが気になってきたり。

年齢を感じさせてしまうような肌の状態に近づいていってしまうんです。

なぜ30代の肌はそうなってしまうのでしょうか?

それは20代の頃の手抜きケアや紫外線対策不足による影響で、肌細胞が老化しているから!

肌細胞が老化するとターンオーバーが乱れてしまい、肌トラブルが起きやすくなかなか治りにくくなってしまいます。

肌内部の水分量や弾力も少なくなってくるので、普通のケアだけだと足りずに老化はどんどん進んで行ってしまうんですよ。

40代になると、ますますターンオーバーの周期が遅くなってきます。

30代よりもさらにシミは濃くなり、シワは深くなりやすいです。

いつまでも20代のままのスキンケア方法だと、このような肌の老化を食い止めることは出来ません!

年齢を重ねてもシミやしわのない美肌を保つためには、まずスキンケア方法を見直しましょう。

30代を超えた肌におすすめの美白ケアは?

30代以上の肌は、肌細胞の老化によりターンオーバーが乱れ、シミの基となるメラニン色素の排出がスムーズに行われにくくなってきます。

それが少しずつ蓄積されると、なんだかどんよりと暗いくすんだ肌になってしまうんです。

シミをケアするために、そして肌のトーンをアップさせるためには、美白ケアをすることが大切です!

でも美白ケアだけではいけません。

コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を肌に浸透させ、肌細胞を元気にしてターンオーバーを整えていく努力も必要です!

20代の頃は化粧水と乳液だけで済ませていたかもしれませんが、30代ではスキンケア商品を全て美白成分入りのものに変え、さらに美白美容液をプラスしましょう。

年齢肌向けに作られているので、美白成分のみならずたっぷりと保湿成分も配合されている物が多いのが特徴です。

どんな成分が美白効果が期待出来る成分なのか、まとめてみました。

・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス

他にもいくつか美白成分はありますが、よく見かける美白スキンケア商品に配合されている主な成分をご紹介してみました。

これらの成分は厚生労働省が効果を認めている成分なので、配合されているスキンケア商品は医薬部外品になっていることでしょう。

「医薬部外品」または「薬用」が商品名やパッケージに付いているスキンケア商品には、このような美白成分が配合されているはずですよ!

こちらもどうぞ>>>>>美白オールインワンジェル※おすすめはズバリこれ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です