ちゃんと乳液使ってる?正しい保湿はシミ予防に大切なことなんです!

あなたのスキンケア、適当になっていませんか?特に湿度が高くべたつく夏は、サッパリ系の化粧水だけで済ませて乳液は使わないなんて方もいらっしゃると思います。シミが出来にくい肌になるためには保湿が重要!シミのためにも乳液を塗って保湿を完璧にしましょう。べたつきが気になる方へのアドバイスもご紹介します♪

乳液って使わないとダメ?

乳液の役割って知っていますか?

乳液には水分と油分両方が含まれています。

化粧水の後に乳液を塗ることで、肌に浸透した水分が蒸発するのを防ぐ、いわゆる蓋のような役割をしてくれます。

化粧水だけだと肌が乾燥してしまうので、乳液はとっても大切なんですよ!

肌が乾燥しやすい秋冬はちゃんと乳液を使っている方が多いと思いますが、汗をかきやすい夏はべたつきが気になるからと乳液を使わない方もいるようですね。

確かに冬と違って夏は肌の乾燥を感じにくいかもしれません。

でも夏は紫外線や皮脂汚れで肌はダメージを受け、乾燥しやすくなっています。

なので夏もしっかり乳液で保湿効果を高めた方が良いんですよ!

保湿はシミ予防の第一歩!

シミの予防方法は様々。

生活習慣を整えたり、美顔器を利用したりなど色々な方法がありますよね。

例えばビタミンCのサプリメントを飲むことも良いですが、お肌の基礎がちゃんとしていないとせっかくのシミケア効果が半減してしまいます。

「シミを予防したい!」そう思ったらまず、スキンケアの見直しから始めましょう。

シミのない美肌のための基礎作りに大切なのは保湿!

保湿効果がある化粧水や乳液を選ぶのがおすすめです。

特に保湿効果と美白効果を兼ね備えている化粧水だと尚良いですね!

化粧水をしっかりと肌に浸透させたあと、乳液を塗って水分を肌から逃がさないようにしましょう。

シミに効果的な美容液などを使いたい場合は、乳液を塗る前に使うと良いですよ!

保湿をしっかりしていて水分たっぷりの肌は紫外線のダメージにも負けにくいです。

だからシミ予防には保湿が重要なんですよ!

乳液のべたつきが気になる時の対処法

乳液はたっぷりつけすぎるとべたついてしまいます。

化粧水の保湿度にもよるので、乳液は少しずつ肌に伸ばしていってべたつかないように調節すると良いでしょう。

スキンケアが終わったあと、ティッシュを1枚顔の上にのせて手のひらで優しく押さえて余分な乳液を取るのもべたつき軽減になりますよ。

ちなみに保湿効果が高いスキンケアをした直後はべたつきやすいです。

しかし時間が経つとべたつきを感じにくくなってくるので、スキンケア後すぐ寝るのではなく少し時間を置くのも良いでしょう。

夏などべたつきが気になる時期は、化粧水を保湿メインのものから美白メインのものに変えるのもおすすめです!

ただし紫外線をしっかり浴びて日焼けしてしまった日は、炎症を抑えるためにもしっかり保湿してあげてくださいね。

季節関係なく日頃から保湿をしていれば、シミ以外の肌トラブルも起こりくい健康的な肌になることが出来るはずです。

年齢を重ねても若々しくハリのある肌でいるために、正しいスキンケアを行って下さいね!

購入はこちら>>>>>人気の美白化粧品|その効果は本当なの?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です