美白ケアはエイジングケアの一部!

美白ケアというと肌を白くしたり、シミを薄くするためのスキンケアを想定しがちですが実はそれだけではなく、エイジングケアとも深い関係があります。

美白についての基本と、それを踏まえた正しいエイジングケアについてをご説明します。

エイジングと美白の関係性

美白とエイジングにつながりがあるというのは、行うスキンケア方法ではありません。2つの共通点は「根本的な美白ケア」にあります。

美しく白い肌にしようと思ったとき、普段から美白に特化した化粧品を使ったスキンケアはもちろんですが、紫外線対策も行いますよね。

この紫外線対策はエイジングケアの基本です。紫外線に当たると活性酸素が発生します。活性酸素とは酸素が活性化してしまった状態で、体内に侵入した細菌を退治してくれる働きがあるのですが体内の細胞も攻撃してしまいます。これによって細胞が酸化してしまうと老化の原因となります。

肌細胞も活性酸素によって老化してしまうので、シワやたるみの原因となります。

紫外線対策は老けた肌を作り出さないためにも非常に有効な手段の一つなのです。

もう1つの共通点はターンオーバーです。ターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のことで、周期的に行われています。このターンオーバーの働きによって美しい肌を維持したり、出来てしまった傷を治すことができています。

しかし、年齢を重ねたり不規則な生活を行っているとターンオーバーの周期に乱れが生じます。幼い子供は真っ黒に日焼けしても元の肌色に戻るスピードや傷の治りが早いと感じませんか?これはターンオーバーが頻繁だからです。しかし、ターンオーバーの周期が乱れてしまうと肌の入れ替えがうまくいかず、さまざまなトラブルの原因となります。

シミもターンオーバーの乱れが原因です。ターンオーバーが乱れると古い角質が肌の表面に溜まってしまうのでキメが粗くなり、顔色もくすんでしまいます。

乱れてしまったターンオーバーはしっかりとした保湿で改善できます。ターンオーバーを整えることは美白の手助けにもなるんですね。

ビタミンC誘導体がおすすめ

美白とエイジングを同時に行いたいなら、ビタミンC誘導体を配合している化粧品がおすすめです。

ビタミンCはメラニン色素を作らないようする働きだけでなくメラニン色素を無色化してくれるので、シミに対する効果がとても高い成分です。

それだけでなく抗酸化作用も高く、くすみやクマの改善にも効果的です。

しかし、そんな万能なビタミンCにも欠点があります。それはとても壊れやすいこと。

ビタミンCを直接肌に塗ったとしてもすぐに成分が壊れてしまって、その効果を発揮できません。

そんなデメリットを改良して壊れにくくしたのがビタミンC誘導体です。成分を壊すことなく肌に浸透できるので、ビタミンCによる効果を感じられます。

ビタミンC誘導体には多くの種類がありますが、その中でも特におすすめなのが肌への浸透率の高いAPSS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。

パッケージに医薬部外品(薬用化粧品)と書かれているものは信用性が高いです。厚生労働省に認められている有効成分を使用している証拠ですので、効果を実感しやすいですよ。

詳しく調べたい方はこちら⇒美白オールインワンおすすめ!※口コミから分かる人気化粧品

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です