UV対策は美容のためだけじゃない!将来の健康のためにもスキンケアで対策を

UV対策のスキンケアというと、大人の女性がシミやシワを作らないためにするものというイメージが強いのではないでしょうか。

でも実は、UV対策のスキンケアは年代や性別を問わず、誰にとっても重要なことなんです。

老化を防ぎ、将来重大な病気にかからないために、ぜひUV対策のスキンケアを始めましょう。

そもそもUVって?

UVに種類があることや、人間にどんな影響を与えるのかということを知っていますか?

UVはUltra Violetを略した言葉で、紫外線を表します。

UVは波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3種類に分けられますが、UVCは地上に届かないので、私たちに関係があるのはUVAとUVBの2つのUVになります。

肌を日焼けさせ、シミの原因になるのはUVBです。

エネルギーが強くて、肌の細胞を傷つけたり、炎症を起こしたりするUVですが、UVBは比較的波長が短いので地上に到達するのは少量と言われています。

そのため、UVBは日傘をさしたり日陰を歩くなど、日光に当たらないようにするだけである程度避けることができます。

UVAは波長が長いので、オゾン層を通り抜けて常時地上に降りそそいでいます。

人間が浴びると肌の奥まで届いてしまい、コラーゲンを破壊するので弾力の低下など、老化現象の原因に。

窓ガラスも通り抜けるので、家の中にも入ってきてしまう厄介なUVです。

UVを浴びることによって、

・メラニン色素が生成される
・肌の水分保持機能が低下する
・コラーゲンが壊れる

といったことが起こります。

体内でメラニン色素が増え過ぎると、色素沈着を起こしてシミになります。

肌の水分やコラーゲンが減少することで、深いシワができてしまいます。

さらにUVを長年浴び続けていると、細胞の修復能力が低下して、腫瘍ができたり、皮膚ガンのリスクが大きくなります。

UV対策のスキンケア

UVはシミやシワといった肌老化の原因になり、長期的には重大な病気のリスクも引き起こすことが分かりました。

UV対策のスキンケアは、どんな年代や性別の人にとっても重要なことなんですね。

では具体的に、どのようなスキンケアをしていけば良いのでしょうか。

やはり日焼け止めを塗ること、日傘などのUV対策グッズを利用することが一番です。

日焼け止めには、SPFやPAといった表示がありますよね。

SPFはUVBを防ぐ能力の指標で、10から50+までの6段階で表されています。

PAはUVAを防ぐ能力の指標で、+から++++までの4段階で表されています。

どちらも数が増えるほど効果が高くなりますが、肌への負担も高くなりますので、室内用に数字の小さいもの、夏の外出用に数字の大きいものというように、使い分けると良いでしょう。

日焼け止めでのスキンケアは予防のスキンケアですが、皮膚老化を防ぐためには、美白化粧品やアンチエイジング化粧品でアフターケアするのも有効です。

夜のスキンケアで日中奪われた水分やコラーゲンを補給し、炎症を鎮めてあげましょう。

あわせて読むとおすすめ⇒プチプラ美白化粧品のおすすめはどれ?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です